10th Anniversary Liveからblastへ

おっす!  おいっす! いや~ん! あは~ん!
って、大阪で言わされてきましたが(笑)

この7月半ばの3連休で、
2回もハートをどきゅ~ん!と射抜かれてきました。
射抜かれたわりにしぶとく元気に生きとりますけど。003.gif

まずは、14日の大阪。
半年ぶりの大阪は暑かった。 気温も高かったけど、あの湿度の高さはハンパなかった。
けど、久しぶりのコタ友さん大集合で、それだけでも嬉しかったなぁ。

最近は、積極的にコタLIVE参戦していない私ですが、いつも声をかけてくださる
私のコタ友さん達には ほんまに感謝してます。

なんつったって、前から3列目でしたからよく見える見える。(余計なことも。)
良席でがっつりかぶりついて見てきたのは 押尾氏の指。
指の広げ具合から、関節の強さと柔らかさ。
登場した時から、LIVE終了時点までの間にみるみる締まっていく体。
そのくらい激しい運動量・・・いや演奏量というべきか。
そして、2階席で声援をおくるご自身の父親に何度も視線を向けながら演奏する姿。
何もかもに目がくぎづけ

今回見た 「夏 Upper Side」ではアップテンポの曲のみの演奏。
ギターも 押尾氏の手も ツアー中に壊れんかいな?という心配もありますが
ツアー初日なのに、内容の完成度が高く、本当に恐れ入りました。040.gif
まずは、夏公演をしっかり乗り切ってほしいですね。

で、やっぱり私個人は、ロックな人間じゃないんだな・・・と実感したしだいで・・。
押尾氏の曲で惚れ込んだ多くは、結局バラード系だったんだなと。
それなのに、「秋 Ballade Side」を見に行くことができないのは、残念な限りですが
こればかりは、仕方がない。

次に 再びコタ友さん達大集合できる東京国際フォーラムでの
10th Anniversary SUPER LIVE  こちらをクリック 」で、またこのツアー中に進化していくであろう
押尾氏の演奏を楽しみに待ちたいと思います。

そして、その日の夜行バスで帰宅した翌日。

今度は、「blast ブラスト! こちらをクリック」神奈川公演へ。
いやはや、もう完全にノックアウト状態ですよ。

特にパーカッションの凄さ・・・・・凄すぎてわけがわからん技の数々。
そのパーカッションで中心的存在として活躍する 石川直氏。
f0154563_21591247.jpg

写真は、休憩時の恒例パフォーマンス。
メンバー自己紹介も 一発ギャグありで、笑いを誘いつつ
観客のそばでまた高度な技をさらりとやってのける。

舞台の大きさによって公演内容に多少の変更があるようで、
やはり国際フォーラムでの東京公演に、行ってみたい!と
オバサンは強く思うのでありました。
[PR]

by hello02 | 2012-07-19 22:10 | My favorite things