1~2月に読んだ本

備忘録として、といいつつ、1月にここにアップするのを忘れていた。
なので、今回は二か月分をまとめて記録しておこう

≪1月に読んだ本≫

荻原 浩 著     「砂の王国」上下巻
絲山 あきこ 著  「北緯14度」
絲山 あきこ 著  「末裔」
垣根 涼介 著    「人生教習所」
佐藤 多佳子 著  「しゃべれどもしゃべれども」
岩崎 夏海 著   「エースの系譜」
今邑 彩 著    「いつもの朝に」

久々に 垣根さんの本を手にした1月。 垣根さんの体調が気になっていた上に
HPをみてみると 今度は片方の耳の聴力がおちているとか・・・・。
今までの作品が、南米を舞台とした魂を揺さぶられるような作品が多かっただけに
今後の活動に支障がでなければと思うところ。


≪2月に読んだ本≫

石田 衣良 著  「IWGP Ⅷ 非正規レジスタンス」
石田 衣良 著  「IWGP Ⅸ ドラゴン・ティアーズ」
福田 和代 著  「黒と赤の潮流」
福田 和代 著  「プロメテウストラップ」
池井戸 潤 著  「民王」

今回読んだ池井戸作品は、実在の人物をリアルに思い浮かべながらも
コミカルタッチのものだった。
福田作品はお初だったが、元システムエンジニアならではの内容もあり、
ネットワーク社会への警鐘も感じさせる。
「黒と赤の潮流」は 震災後の神戸を舞台とし、友人を殺された主人公と20年前の事件を
追いかける元刑事が出会い、徐々に犯人を追いつめていく物語。 読みやすくおすすめ。


春に向けても 落ち着いて本を読んでいく時間を取るようにしたいな・・・。
[PR]

by hello02 | 2012-02-28 17:03 |

あの頃を思い出して

思わず、ぼろぼろっと涙が零れ落ちました


行ってきたのは、
 あんべ光俊 LIVE IN 東京国立博物館
     PART2 「青い台地に夢は始まる」  ゲスト/鈴木康博

あんべクンも もちろん懐かしいんだけれど、なにより あのYASSさんに会える
あのオフコース武道館ライブ以来だから お会いするのは何十年ぶり。
期待に胸を膨らませて 上野まで行ってきました。


YASSさんの登場は、あんべクンが4曲披露した後のMCからだった。
何と言っても、会場の年齢層が 私と同年代かそれ以上の方々。
だから、当然のごとくMCの内容も 同年代ならではの話題。
あんべクンが老眼鏡を必要としているのに、YASSさんは 楽譜をみるのも
本を読むのも裸眼でOKというのだから、驚き。
さすがにCDのクレジットはキツイ・・とおっしゃっていましたけど。
「かみさん」から勧められて飲んでいるブルーベリーのおかげかも・・・と。
CDを買ってくださるユーザーに対して困らないように 歌詞カードだけは
字を大きめにしてあります!(笑)と。 ありがたいやねぇ~。

そして、YASSさんを迎え入れての1曲目は
 オフ・コース(そう、この点が大事)時代の「昨日への手紙」

歌声を聴いた途端、一気に涙があふれ出ました。
だって、高校時代もうLPに何度針を落として聞いたかわからないくらい
オフ・コース時代で一番好きなアルバム「ワインの匂い」の中の曲。
もう何十年と歌っていなかったのに、一緒にすらすら口ずさんでいる自分にも驚き。
アコースティックギターのみの弾き語り・・・心に沁みわたりました。

そして話題は、あんべクンへのオフコースの前座時代の話へ。
「オフコースの前座をやるのに苦労とかあった?」と 話をふるYASSさん
それに対して あんべクンは
「苦労というのはないけれど、 小田さんに『あんべ! 緞帳が上がったらな
おだ・・・・おだ・・・・おだ信長です!と言え!』と言われ、(なんちゅう無茶ぶり)

このあんべクンの発言にYASSさんも「マジ?」とリアクション。

で、真に受けて言ったらおもいっきり滑った」ということでした。(そらそうやろな)

YASSさんも小田さんと二人で「前座」経験はあるけれど、
どうせみんな知らない曲をやるんだから、と2~3曲演奏して終わったという
感覚だったらしい。

次に紹介した曲が「夜は二人で」
もう、すぐに歌詞がでてきましたさ 「♪ 白いシーツの上で~・・・」
この曲が出たころ、オフコースのメンバーだった松尾クンとかに歌詞がイヤラシイとか
いじられてたのを思い出してしまった(こーゆーしょーもないことはよく覚えてるんだわ)

歌い終わってのMCで去年秋に出したYASSさんのアルバムの話に
「還暦を越して(YASSさん先日の2/18で64歳に)初めてのアルバムで
タイトルは『一歩』と。 今の目標は 小さな目標だけれど叶えられそうな目標は
70歳まで歌い続けること」038.gif 038.gif 038.gif
奥さんから勧められたブルーベリーの他に ゴマも始めたとか。
(ブルーベリーに、セサミンに、 どこやらのCMにYASSさんも出演?なんてことに・・)
「あんべの曲はいい曲が多いんだよなぁ~」と褒めつつ
次に二人が歌ったのは 「Born to be Wild」
YASSさんのギターが刻むリズムに懐かしさと楽しさとを感じながら。

そして アルバム「一歩」から
YASSさんのソロで 「ひとり」
当時から定評のあるギター演奏(派手さはないけれど音が綺麗)はもちろんのこと
声も衰えを感じない。 
小田さんとはまた違った高音の声にまたまた泣かされてしまいました。

ここでYASSさんは、客席からの花束を受け取り 退場。
ご自身のブログにも早速アップされていました。  →鈴木康博ブログ

もっともっと その場で感じたことはいっぱいあった。
でも、ここで言葉にしてしまうと何か違ったものになってしまうような気がするので
YASSさん登場部分のレポはここまで。


≪余談≫
大好きだったオフ・コース時代の歌声を、ナマでもう一度聞きたいと思うのは
勝手すぎる私の願いだろうか? 
[PR]

by hello02 | 2012-02-26 00:04 | My favorite things

まだかいな?

ここのところの厳し寒さのため 梅の開花も例年より遅れているみたいですね。

こちらも、開花はちらほら・・・・という状態
  河津桜@京急三浦海岸駅 沿線
f0154563_15261692.jpg


f0154563_15271472.jpg


f0154563_15273136.jpg

天気は良かったのですが、風が冷たい冷たい
歩いている間に 体がすっかり冷えてしまいました。
[PR]

by hello02 | 2012-02-18 15:31 | 日々のつぶやき

思い立ったが


 吉日

 それが、今日なのかどうかはわからないけど、
朝の仕事がなかったので、ポカンと空いた午前中を
何するべ?と思い、洗濯機にスイッチ入れてすぐに
「今日しかない!」と思い立ったのが これ! 19日で終了だから。
f0154563_19282061.jpg



ただただ何か見たい!という思いだけで、何の予備知識もないまま
行った私は、やっぱりおバカでした。
もともと世界史なんて ちんぷんかんぷんの世界だし、中国の皇帝など
名前すらうろ覚え、時代と名前なんてさっぱりやし・・・・。

それでも、すっきり晴れたお天気に恵まれ
空を見上げりゃ、青空の都内。
f0154563_1936378.jpg


展示は、2部構成になっていて、
1部は、『書』や『筆墨画』が中心。書道ファン必見の物が展示されていた・・・ようです。
私は 『書』に関しては、全く知識がない、ゼロ。
説明もしづらいですが、草書、行書、楷書などの書風が異なるものの展示。
絵に関しても同じくですが、日本の水墨画のイメージとはちょっと違った印象。
会場の説明を読むと、この時代(北宋・南宋)は、写実より写意(心を写す)を重視とあった。
他に、陶磁器・青銅器・漆工なども展示されていた。

2部は主に「清」の時代、特に乾隆帝に関する装飾品、隆帝像など
個人的に、興味を惹くものが数多く展示されていた。
特に印象に残ったのが 髪飾りに使われているコバルトブルーの色が
目に鮮やかで 説明を読むと翡翠(かわせみ)の羽を貼りこむ
点翠(てんすい)という技法を用いたものだった。

2時間ほどでざぁ~っと見て回りましたが、建物を出てみると
会場入り口に人の列。
あらまぁ~、入場制限がかかってる。  やはり朝一で入ってよかった。

その前に、会場で買った本日の自分へのお土産
(他に赤、水色の色違いもあったけど 黄色はラストだったかも)
f0154563_2036533.jpg

やはり、特別展など期間限定のものは、少しでお予備知識を入れて行くべきでした。
午後からの用事もあったのでバタバタとは帰りましたが、自分の気の向くまま思うままに動けたことは、1日体調もすこぶる良かった気がします。

やっぱり、
私って直感で動く人間だわ(笑)
[PR]

by hello02 | 2012-02-17 20:38 | My favorite things

何と申しましょうか・・・・。


2月ですのでねぇ~、 『鬼の霍乱』とでも申しましょうか?

この私が、高熱を出してダウンしておりました。
(もちろん、今は、こうしてPCをぽちぽち打っているくらいですから
回復いたしましたが)

ここのところ、肩、腕の調子が目に見えて悪化・・・いや目には見えんで!?
もう限界がきていたので、接骨院にてマッサージ&電気治療を受けた。

もう、痛いのなんのって、そりゃまぁ、あ~た、涙がちょちょぎれるくらい
痛くて、我慢できずに「いって~~~~~~!!!!!」と 
雄叫びを 2、3回・・・・いやいや、もっともっと。
担当してくださった副院長先生から「かなりひどいですから、詰めて
通ってくださいね」とにこやかに おっしゃって見送られたのですが
あんな痛いのを 続けるのかぁ~~~???  がっくり。

で、あんよは、次の目的地へ向かうために横須賀線に乗る。
次もまた、病院。 ここへは、結局また長く通っている。
安定して、良くなってるなぁ~と思うと、また、凹んだりの繰り返し。
早く、縁を切りたいと思う自分と、まだまだ不安いっぱいの自分が
見え隠れする状態。 もう、しゃぁ~ないな、ってとこかな。

そんでもって、あんよの次の目的地は 逗子。
高校の先輩が開いているピアノ教室発表会のお手伝いへ。
夕方のリハーサルで、出演の子どもたちに
足台・椅子の高さ、譜面台の有無を聞きながら、チェック。

もともと 本番すべてはお手伝いできないといっていたものの
まさかの第1部終了直後の悪寒。  
第2部で 足台・譜面台を使う生徒さんはいなかったので本当に
申し訳なく この時点で退散。

つうか、よくここで帰ったものだ。 帰りの電車の中では
もう涙目状態。 熱が上がっているのがはっきりわかるくらいだった。
駅からは気力だけで 自転車こいで帰宅。
どのくらいあるんだろう?と、
帰宅してから熱を測れば、38.8°

ひ、ひ、ひえぇぇぇぇぇーー そんなにあったのか!

ばたん! (朝まで、なんか記憶があるよな、ないよな・・・)

翌日行った、救急医療センターは「満員御礼」の札は出ていないものの
まぁ~すごい人、人、人。 
1時間半以上待って、下された診断は 風邪。
ほわい? インフルエンザじゃないの? (拍子抜け? 一安心?)
しかし、喉の腫れがひどいから、熱がひかないようだったら
もう一度、病院へと言われた。(救急じゃ1日分の薬しかでないから
結局、月曜日にかかりつけの病院に行きましたけど・・・orz)
ま、そんなこんなで、バタバタの週末~週明け。
仕事もあちこち休んだりで、迷惑もおかけいたしました。
おかげさまで明日からは、完全復帰いたします。

こちらに 立ち寄ってくださった皆様も、時節柄 ご自愛くださいませね。
[PR]

by hello02 | 2012-02-07 14:19 | 日々のつぶやき