再会の地は、鎌倉


べっとりとまとわりつくような暑さ。
それでも、昨日の気温・湿度よりはマシだったか?

でも、不快なことには 変わりない。

この不快感を吹っ飛ばす勢いの『自称オリビア』が、朝早くから
2時間かけて会いにきてくれた。

予想はしていたけれど、
北鎌倉駅から名月院へと続く道は 人、人、人。
(午前中に行ったので、ピーク時の混雑ではないと思う)

それでも、この紫陽花の鮮やかな色と大きさ、数に心を奪われ
しばし、暑さを忘れるほどでした。
f0154563_19331297.jpg

←写真では、花の色が水色に見えますが、
実際はもっとブルーに近い色。
名月院では、この青色の「姫アジサイ」を意図的に
数多く育てているようだ。





f0154563_19462188.jpg





中には珍しい花の色をしたアジサイや
                   →

f0154563_19542092.jpg







← リボンで作ったフリルをたくさんつけたような
  大玉のアジサイなど。

雨に濡れた花の色は、どれも鮮やかで
 見る者の目を十分に楽しませてくれました。




   お昼は、鎌倉駅へ出て、さっぱりと豆腐と湯葉の料理を食べる
f0154563_207177.jpg

                              ご馳走様でした。
[PR]

by hello02 | 2010-06-29 20:11 | 日々のつぶやき

久々の八景島


梅雨空の中、急に思い立って八景島シーパラダイスへ。

目的は、水族館でも遊園地でもなく アジサイを見ながらの散策
f0154563_19313159.jpg










f0154563_19322691.jpg

仕事仲間のぱらチャンとともに、
小雨の中を傘もささずに歩きました。
行きの電車の中からずっと
途切れることの無い仕事の話。

よくもまぁ毎日毎日いろんな事が起きるもんだ。
しかも、笑える話の多いこと。

いや、笑ってないとやってられないか?

それにしても、もわっとした天候の中
歩き回って、喋りまわって、心も軽くなり帰宅。

ぱらチャンお付き合いありがとう。
明日から、また、がんばりまっしょ!
[PR]

by hello02 | 2010-06-26 19:50 | 日々のつぶやき

お好みはどちら?


食べるラー油も、まだ品薄状態が続いているとはいえ
今日も、たまたま買い物に行ったら、入荷していたので
買ってみました

今度は、桃屋ではなく、ヱスビー食品
f0154563_12334174.jpg

「ぶっかけ おかずラー油」
f0154563_12345234.jpg














見た目は、ほとんど『桃ラー』と変わりありません。
桃屋が フライドオニオン フライドガーリックを使っているのに対して、
ヱスビーは、フライドガーリックに アーモンドも使用となっている。
食感は、多少の違いがありますが、食べた後に来る味の広がりに大きな違いが・・。

さて、あなたはどちらをお好みでしょうか?
    参考までに、比較記事がありましたので、こちらをどうぞ →クリック
[PR]

by hello02 | 2010-06-13 12:44 | 日々のつぶやき

ちっとも備忘録になっていない


『備忘・・・・・忘れた時の用意に備える』
  の筈が、さっぱりその役目をはたしていない。

最近 とみに、本にうつ伏せて寝てしまっていたり、
布団に入ってから読んでいたはずなのに、顔の上に本がかぶさっていたり・・・
同じページを何度も読み直すことも多い多い・・・。

記録すること自体を忘れているため、 ここ2~3ヶ月で読んだ本の
記憶が曖昧になってきてしまった。 トホホホホ・・・007.gif
思い出せる分だけでも(読みやすかったという意味も含めて)、
載せておこう。

f0154563_22182124.jpg

 石田 衣良 著
『5年3組 リョウタ組』を 読了



生徒のみならず、先生までもが成績評価される教職現場をリアルに描いている。
生徒(この作品の場合は小学生)を惹きつける先生って、何が違っただろう?と
昔を思い出しながら読んだ。

f0154563_2232437.jpg

 大崎 梢 著
『夏のくじら』を読了



私にとっては、お初の大崎作品。
四国高知の「よさこいまつり」を作り上げるスタッフ側の視点で、その立ち上げから本番の踊り2日間までを青春ドラマ仕立てのように、熱く描いている。 
その中に、4年前に出会い突然いなくなった「いずみ」をおいかける篤史の想いを織り交ぜながら、祭りの最高潮とともに思いがけない展開をみせる。


f0154563_22463576.jpg

 平 安寿子 著
『愛の保存法』を読了




お馴染み(笑) 平さんの作品。 男女の仲なんて、人それぞれ。
その表現方法だって、それぞれ。 くっついたり、離れたり 見守ったり・・・
そんな様々な愛のかたちを 男視線で語る短編集。


f0154563_15414969.jpg

 江国 香織 著
『スイートリトルライズ』を読了




テディーベア作家の瑠璃子と2歳年下の夫・聡の夫婦の物語。
日常には、不満がない・・・はず・・・・が、夫婦で同時期にW不倫。
『人は、守りたいものに うそをつくの』 その言葉が示すものは・・。

ドロドロした不倫劇でもなく、かといって、浮世離れしたものでもなく 割とさらりと読める作品。




さて、今のところ思い出したのは この4冊。
私の記憶なんて、こんなもんさね。(開き直り!かよ。)
また、思い出したら(そんな柔軟性は無いだろう・・・) アップするでしょう。
[PR]

by hello02 | 2010-06-07 15:53 |

買っちゃった


本は、もっぱら図書館で借りる私が、久々に単行本を買った。
本屋にふらりと寄って、久しぶりに 『こうたろう』さんと ごたいめ~~~ん!

ええ、ええ、ギターもった コータローさんではなくて、
『しあわせたろう君』の方ですけどね。

f0154563_21593221.jpg


伊坂 幸太郎 著

『オー! ファーザー』を読了

 続きを読む
[PR]

by hello02 | 2010-06-06 14:32 |