帰省

f0154563_21535420.jpg

急遽一人で、四国に帰省しております

ようやく乗ることができた「のぞみN700系」。(遅っ!!)
乗り心地はよかった…はず…朝に仕事してから乗ったので、爆睡してしまった。
眠れたんだから、よしとしよう。

それにしても、岡山でマリンライナーに乗り換える時間が10分だったので、さすがに「岡山の主」(←誰って、野暮な質問はしないでね)に会う時間はありませんでした。
素通りしたことを許したまえ。
[PR]

by hello02 | 2009-06-30 21:53

Beatrice di Tenda


 二期会 Week in サントリーホール

  『愉しみの刻(とき)』 2009

 クラシックコンサートへは、さっぱりご無沙汰の私が 久々に行ってきました。


ベッリーニ作曲のオペラといえば『夢遊病の女』 『ノルマ』・・・・。
イタリアオペラの代表作曲家である彼の第9作目のオペラ(おそらく日本初演)のハイライトをコンサート形式で演奏というものだった。

今まで、ベッリーニの音楽に対してそれほど深い関心を寄せていなかった私だけれど、
今日の演奏を聴いて 彼の音楽の美しさを改めて感じさせられた。
メロディーがDur から mollに変化していくときと 切々と歌われるその悲しみの中になんともいえない美しさを感じた。
もちろん、これは、歌い手のベルカント唱法の素晴らしさがあっての話だけれど。
このオペラの題材である 15世紀のロンバルディア地方の歴史話をもっとしっかり予習してから見に行けば、もっともっと深いところまで、耳をかたむけられたかもしれない。

しかし、この高度な技術を要するこの曲。 ご当地ミラノ・スカラ座でもなかなか上演されていない。
ましてや、日本でとなると・・・今後、再び聞けるかどうか?
人間の声が、ここまで出せるのか?というその美しい響きに 酔いしれながら 
最後は、体がぞくぞくっとするほどの感動を与えてくれた極上のひと時でした。
[PR]

by hello02 | 2009-06-21 23:58 | My favorite things

関東の一つ残し

今の会社に入社して丸1年。
同じ部署の人間は、60人近くいた当初に比べると減りに減ってしまったし、中途採用された方も続かずに辞めていったりと、未だになんだかんだとトラブルはある。

でも、そんなことをいちいち気にしていたらどこに行っても働けないわけで。

そうこういいつつ、飲み仲間もできた。068.gif

体力勝負の職場で、怪我をしたり、手首や腰を痛めたりしながらも頑張る仲間達の中で、唯一 体重が増えたという人間がこの私。012.gif
(みんな、体重維持か、食欲減退で体重が減ったというのに・・・)

体重増加の私が、飲みに行っていていいのか?っちゅう話ですが、これが
職場の愚痴のはけ口となっているので止められない。

f0154563_925947.jpg

& More
[PR]

by hello02 | 2009-06-18 09:51 | 日々のつぶやき

食べ物の好み

いやぁ~、久々にスパイスの効いたオモロイ本でした。

f0154563_9292690.jpg


平 安寿子 著

『恋はさじ加減』を読了。

& More
[PR]

by hello02 | 2009-06-12 09:30 |

親は、子に何を思い、子は親に何を思う?

本の感想とは別に、そんなことを思い浮かべながら読んだ本。

f0154563_13311819.jpg

井上 香織 著

『蜃気楼の彼方に』を読了




神宮寺総合病院の一人娘・神宮寺飛鳥は、父親の用意した道を期待通りに真面目に歩んでいた。
しかし、高校3年の夏休み明けになってから始まった、陰湿ないじめや、予備校帰りに出会ったストリートミュージシャンは、次第に飛鳥の心に変化をもたらしていく。

続きを読む
[PR]

by hello02 | 2009-06-12 09:25 |

地雷を踏んだお塩くんの巻


タイトルのことは、ともかく、行ってよかった西那須野(栃木県大田原市)
押尾コータロー ソロライブとしては初の栃木

アコースティックギターコンサート2009@那須野が原ハーモニーホール

のどかな田園風景が続く中、突如として現れた近代的な建物。
(おそらくバブル時期に建てられたのであろうハコモノ)
f0154563_101455.jpg


← ハーモニーホール前バス停側から見た外観


f0154563_10154882.jpg


    午後7時過ぎのハーモニーホール →

最後までは聞けませんでしたが、
[PR]

by hello02 | 2009-06-07 12:17 | 押尾コータロー

壊れたかどうか?

えっらい手作り感のあるものが貼ってありました。
f0154563_23495444.jpg


続きを読む・・・・ほど、ないけどね
[PR]

by hello02 | 2009-06-06 00:09 | 押尾コータロー

働け!働け!

 ここ1年近く、あまり先行予約っちゅうもんを利用しなかった。
 なぜ? って、そこは、深く聞かないで。(笑)

 ところが、気がつけば6月からのライブチケットが・・・
f0154563_8424539.jpg
お塩くん関連(Wソルトだ!)だけでも、
数枚ほど、たまってきた。
冷静に計算しても、私にしてみたら結構な金額。
また、ライブ貧乏生活突入か。039.gif

チケット見るたびに、『せっせと働けよ~』
と言われてる気がしてきた。026.gif



まずは、町田から。 たぶん、いや、かなり壊れてくると思います。041.gif 041.gif
  
[PR]

by hello02 | 2009-06-01 09:01 | My favorite things

5月に読んだ本

 6月になってしまいました。

先月は、あまり本を落ち着いて読まなかった気がする。 
気がする・・・・ではなくて、一冊を読むのにえらく時間がかかった。
何ページか読んで・・・いつのまにか記憶が無くなり・・・また読んでは・・・の繰り返し。

f0154563_7394551.jpg
小川洋子 著  『ミーナの行進』を読了   

久々の小川作品。 小川さんの作品はそれほど多くよんでいないけれど、読むと優しい時間が流れる。 
この作品は時代的にも懐かしい香りがした。


f0154563_7425868.jpg
石田衣良 著 『REVERSE』を読了

衣良さんらしい目線での作品。 
ネット上で知り合った男女が、お互いの性を偽りながらも心を通い合わせていく。
ネットという顔の見えない世界で、『違う自分』になりすましながらも、そこに自分の考えや素直な気持ちをのせてお互いの反応を待つあたりは、現実にありえる話・・・・なのか?


f0154563_759231.jpg

奥田 英朗 著  『マドンナ』を読了


これも、奥田さんの得意なタッチで職場と家庭を描いている。 職場での顔、家庭での顔、その人その人の素顔が奥田さんの手にかかると、会話の一つからリアリティーにあふれていてなんだか笑える


f0154563_810685.jpg

阿刀田高 著  『街のアラベスク』を読了

阿刀田さんの作品を手にするには、何年ぶりだろうというくらい久々。
東京の12の街を舞台にした 大人の恋愛短編集。
[PR]

by hello02 | 2009-06-01 08:12 |