極楽じゃー!

f0154563_2050529.jpg

プチ家出気分(笑)

頭の中は飽和状態だけど、身体は2泊3日の内にリフレッシュできそう。
都内はまたゲリラ雨です
家事放棄して、ホテルでは思う存分寝ました。



f0154563_20533736.jpg






さて、携帯からの投稿後、
3日間終わって、感じたこと。

去年の夏に3日間、今年の春に3日間 そして今回の受講でC級課程修了。
7月に出した小論文は審査中で、パスすればようやくライセンス取得。

しかしだ! すごく疑問点が残るライセンスなのだ
説明を聞けば聞くほど、疑問点ばかり。
私達が支払った(少額ではない)お金は、一体何に使われ
このライセンスは教育委員会や自治体の生涯学習センターで本当に活かされているのか?
ネットワーク作りを・・・とか 実践活動をと言われても、C級は文科省に登録されないのだそうだ。
文科省に登録するためには、更に同金額を支払いB級を取得しなければいけないとか。

生涯学習の音楽指導についての法律はできたものの結局、国からの予算は組んでもらえておらず、地方自治体については国は関与しないので、結局はライセンスを取った者たちに活動は丸投げ状態。
しかも、教育委員会はもちろんのこと、生涯学習センターにかけあっても、「そんなライセンスあるのですか?」と言われた地方もあるらしい。
ここで、愚痴ってもしかたがないけど、途中でやめるのは悔しいし。
意地で今年の受講を終了させたものの、疑問をなげかけたくなる現状なのだよ『音文創』様。
[PR]

by hello02 | 2008-08-29 20:50