参りました PARTⅡ

今年は、のっけからやられっぱなしだな。(笑)

f0154563_20374587.jpg


荻原 浩 著
 『噂』 を読了













噂・・・単なる近所のオバチャンたちの噂話とかではなく、
それが販売戦略のひとつだとしたら・・・。

『レインマンに出会うとたいへんなことになる・・・』そんな噂が流れていた。
ある緑地で起こった女子高生殺人事件。
そこには、足首から先を切断された遺体が横たわっていた。
目黒署刑事課の小暮が、事件を追いかけ 地道な捜査が続く。

またまた、私が知らない荻原さんの違う「顔」を見せてくれました。
ストーリーを言ってしまうとネタバレになってしまうので 詳しくは書けないけど
繋がっていそうで、繋がってなくて、繋がってなさそうで、繋がっている糸を手繰り寄せるように
犯人をあらいだしていく様子は、ドキドキするし、終盤での驚愕の展開は言葉にならないほどの衝撃を受けた。
お得意の広告代理店の話も織り交ぜていくあたりは、いつもの荻原テイストなんでしょうが、こういう世界も描く方なんだ。

いやいや、先日、ungalmatsuさんも読んだ「明日の記憶」を読んだばかり。
あまりに違う手法に 驚きをかくせない。

でも、私って驚きながらも、荻原さんらしいムフッと笑える表現に出会うのも楽しみになっているんですけど・・・・やっぱり変かな?
[PR]

by hello02 | 2008-01-21 21:19 |