放心状態???

11日の鉛を背負ったような疲れは抜けたものの
     翌日は、放心状態の午前中。

用事で出かけた先でも、心ここにあらず。
       危ないオバサン状態でしたわ、きっと・・・。(笑)


さて。感動を忘れないうちに。

今回のPTNAピアノステップ文教ポピュラー地区では
目玉企画として、プロのドラム&ベースの先生をお迎えしてピアノトリオに
挑戦!というもの。 河崎 真澄先生(ドラム) 高木 伸治先生(ベース)

これが、なかなか皆さん(子どもから大人まで) すんばらしい演奏で
  自分も演奏ある!っちゅうのに出番直前まで 超~楽しんでしまいました。

アドバイザーとして審査されていた 小原孝さんもDiaryで
  11/11の感想を載せていらっしゃいました。(→こちら

11/15追記
★TOKYOポピュラーステーション代表・佐土原先生のHPでも 来場者の感想速報版がアップされています(→こちら)








なんつっても、前日に横浜八景島で行われた駅伝競走神奈川県大会
冷たい雨の中、カッパを着て大声張り上げて、黒ザルの出ていた駅伝部
(そんな部は実際には無くて、陸上部も含めての寄せ集めチーム)の応援。
トドは、風邪をひくといやだからと弟の応援にも行こうとせず、主人は風邪が完治していないので出かけられず、家族の応援は私だけ。
いや~さすがに県大会。 市の大会時とは全くロード条件が異なる高速レースでした。(我が校は目標の10位以内には届かず。でも、よく頑張った!)

防寒はしていったものの、体も手も冷えてしまい帰りの電車の中で
手が痺れ始めているのに気づく。
(この時点ですでにアホです。 翌日、ステージを控えていたらこんな無茶はしないもんですが、でも、体育会系の血は騒ぐもんでして・・。)
しかも、夕方に帰ってきた黒ザルから、泥んこの洗濯物をどっさりプレゼントされて・・・。
夜は、ひたすら洗濯おばさん。 (泥んこ汚れって、シツコイ!)
・・・・・ありゃ? 駅伝の記事じゃないぞ、ここは。

さて演奏当日 はたと、
  あ~ら、今回『色気』が課題じゃなかったっけ? と 神の声が聞こえたような・・。いや、聞こえんかったことにしよう!  と一路会場へ向かう。
と、その前におにぎりなど小腹の足しになるものを買い込む。ほれ、食い気に走った( ̄△ ̄)

12時に受付をすませ、アンサンブルの20人はすぐにリハ。
といっても、時間がないので一人あたりの持ち時間は2分!!!!!
2分じゃ、とうてい1曲は弾き終わらないので どこをチェックするか待っている間に考える。
あっというまにリハが終わる。(そりゃそうさ、2分だもん)

ロビーに出ると、本番を前に緊張されている方、うきうきしている方を横目に 片隅で私はおにぎりをパクつく。
(だって、先週の合唱伴奏のとき、出番までにめっちゃくちゃお腹が空いてきて
お腹がなりそうで、そっちが気になって緊張感が全く無くなったという反省からです)←一応、そういう学習能力はあるらしい。

さて、そのアンサンブルの第3部(10人)、第4部(10人)が始まる。
曲目は各自 自由に選択できるのでジャンルもいろいろ。
アニメのテーマソングから ゲームミュージック、JAZZ などなど。
ノリの良い曲の時は、会場から手拍子が出るほどで 今まで私が見てきた
「ピアノステップ」の会場で こういう雰囲気のものは無かった気がする。
出演者と会場が一体になったようなLIVE感。 
これが、今回自分の出番の時も大きな援護となった。

どの方の演奏も聞いていて楽しくて楽しくて、いい意味での緊張感を保ちつつ
ステージにあがる。

ドラムとベースの先生方がにっこり微笑んでくださり、
 ドラムスティックで「ワン、 ツー、 ワン、ツー、スリー」
    (コタ友の皆様、『翼・・・』を弾いたわけじゃございませんよ)
弾き始めたとたん、お出ましいただきました、『色気の神様』(笑)
それは、冗談だけど。 
もう、めっちゃかっこいいんだわ、ドラムの刻みとベースが。 さすが、プロ!!
それを聞いて完全に惚れこみながらの演奏。

ベースの先生は、視線があうと必ず微笑み返してくださり、
ドラムの先生は 一見クールなんだけどハートは熱くて、2週間前のリハで
課題を与えてくださった箇所を私がなんとかクリアーすると ニヤッと
笑い、すっごく雰囲気のあるドラムを刻んで返してくれました。
いやいや、確かに細かい反省点はありました。
でも、こんなに心底 楽しいっ!と感じながらステージで弾いたのって
   いままで あったかな??? というくらい 楽しかった。

演奏が終わって、お辞儀をしようとしたら、客席の一番後ろで
 丹内真弓先生が 両手を挙げて拍手してくれているのが見えてウルッと・・・。
アドバイザーの先生方(小原孝さん、春畑セロリさん、橋本晃一さん)からも有難いコメントを書いていただき、これからの励みとなりました。
また、見ず知らずの方からもお声をかけていただいたり、聞きに来てくださっていた方々、
本当にありがとうございました。

さて、もっと感動したことと小原孝さんのミニトークコンサートもあったのですが、あまりに長いので そこは次回に。(まだ、あるんかい!)
ここまで、読んでくださった方も、おつきあい ありがとうございました。
[PR]

by hello02 | 2007-11-13 01:26 | ピアノあれこれ