こういうときに

先週から、自分以外のことでバタバタと落ち着かない日々。
だからかな? 時間がないのについ読んでしまった。

f0154563_21411447.jpg


東野圭吾さんの
 『嘘をもうひとつだけ』を読了

出てきましたね、お馴染みの加賀刑事。
犯人が、つい口にしてしまった一つの嘘を
見逃すことなく 
そこから事件解決へと導いていく。

短編集なので読みやすかった



でも、我が家の近くの図書館。 東野さんの本になかなか出くわさない。
1冊見つけられたら ラッキー!!!!!
さて次に読む本は いつごろゲットできるんだか? 




で、この方の本もなかなか近所の図書館で手にすることができない

f0154563_21504291.jpg

伊坂幸太郎さんの
 『死神の精度』を読了

お久しぶりのこーたろーさんです!(笑)
いや、待て待て。
「終末のフール」を最近読んだような・・・。



今回もしっかり「KOTARO WORLD」を堪能いたしました。
ある人間が死ぬ一週間前に「死神」が派遣されてきて、
一週間の調査後に、『可』か『見送り』か判定されるなんて笑えるような笑えないような話。
この話に出てくる千葉(死神)のミュージックをこよなく愛する心と、
「人間」と話すときの あの間の抜けたやりとり。
私には、何だか憎めない死神さまでしたけど・・・。

で~も、近寄ってはきてほしくないな、今はまだ。(笑)
[PR]

by hello02 | 2007-11-09 22:13 |