たまたま手にして・・・

       借りてきた本たち。

f0154563_2221092.jpg



まず、石田衣良さんの

  『約束』を読了





約束・・・といっても、普段何気なくかわすご挨拶程度の約束もあるけれど
ここでは、色々な心の悩みを持った者たちが
「生きる」ということに向かって 約束し歩み始める。
石田さんらしい、社会性問題から目をそらさずに描かれた短編集。



何か今回は、自分の体調も影響していたのか
読むほどに 重かった・・・(体重じゃなく)・・・・気持ちが。

 
f0154563_22344872.jpg

 2冊目は
 あさのあつこ さんの

   『地に埋もれて』を読了

書き出しから、
 「目が覚めると、土の中にいた・・・・・・」
   (う~ん、 こうくるか?!)

f0154563_2239116.jpg











 重松清さんの『卒業』 を読了。
この人の作品は どうしても自分を重ね合わせてしまう。


 これらの作品に、あえてテーマをつけるとしたら「生と死」をみつめた内容
ここのところ身近に起きていることと重ねてしまい、かなり重くなってしまった
[PR]

by hello02 | 2007-11-02 22:58 |