久々の押尾ネタ

ネタというと、語弊がありますね。
6月16日に放送された tvk「オンガク解放区」の内容です。

ご覧になれなかった地域の方もいらっしゃると思うので、いっきにご紹介
したいと思います。
もちろん、映像はございません。 できるだけ忠実に喋り言葉のまんま
載せてありますので、お塩くんの表情などは、皆様の妄想も含めて想像しながら
お読みいただければ・・・・と思います。

では、いってみよ~~~~!

「オンガク解放区」 
トークゲスト 押尾コータロー   MC 松本 素生   杉山 菜摘

松本 「いつも画面越しによく見ているのですが、ついに、ご本人が登場してくれました、今夜のゲスト、押尾コータローさんです。」

     「ひとりで弾いているとは思えない奏法」について
     本人の演奏と説明を交えながらその奏法が紹介される。
     (ここは、いつものことなので 省略させていただきます040.gif
                     ↑
         その間 MCの2人は 押尾くんの手を ガン見。

松本 「アンケートの『あなたの家族について、強烈なエピソードがあれば教えてください』で、『うちの母ちゃんが親戚にお金を借りてギターを買ってくれた』とありますが

     イサト師匠に勧められたギター購入のエピソードを いつもの一人芝居を交えて
     楽しそうにお話しするお塩くん。 ってことでここも省略。。。011.gif

松本 「ギタリストとして、バンドももちろんやられていたわけで。 いやでも、オレ、ギター1本でそのインストというか、それをやるんだ!っていうふうになっていった心境の変化は何だったんですか?

押尾 「『俺はこれでやっていくんだ!』と言えたら、カッコいいんですけどね。そんなことなく、本当はバンドで1発当てたい!と思ってましたからね。 その時は、ベース弾いてて、デモテープ作って・・・・・
と、バンドの下積み時代の話をする。 ここもいつもの話なので省略。

ただ、編集の関係か、尻切れトンボで、質問に対する答えになっていなかったような・・・・015.gif    
   MOTHER のPVが流れる。

NICE QUESTION(観覧のお客さんから、ゲストへの質問コーナー)
    「メジャーデビュー10周年おめでとうございます。記念に自分に何かプレゼントを買いましたか?」

押尾 「割と自分に甘い奴なので、結構自分へのご褒美は多いんですけど。電化製品とか好きで・・・冷蔵庫を見に行ったんですけど・・・・
     中途半端に切られて、ここも質問の答えになっていない。
    「家電マニアの押尾さんですが、一番嵌まっている家電製品は何ですか?

押尾 「気になっているのは、3Dテレビの方向性。 有機ELの今後の方向性。 日本国内で売っている3Dと海外で売っているのとは、違いがあって・・・・・画質も落とさず。飛び出す画面であってほしい

   RELATION! のPVが流れる

松本 「メジャーデビューした時と、じゃ、10年経って今って何かその自分って、あ、オレ、ここが変わったなっていうのありますか?」

押尾 「作り方が変わりましたね。今までは、そのアコースティックギターのインストって、空とか海とか太陽のイメージで曲を作るのって多い。 (ポロポロ~ンとギターをつま弾きながら)『海』って感じで、作っていたんですけど。あの、最近、ヒューマンなところで曲を作りたい。 だから、笑顔になれる曲とかJ-POPと同じ気持ちで喜怒哀楽の曲を作りたい。 あ~ぁ、この曲聞いたらテンション上がる~みたいな曲を、けっこうギターインストで作りたいなと思って。 もちろん、情景を奏でるBGM的なものも、これからも作り続けたいと思うんですけど。それ以外の部分の「青春」みたいな、「暑苦しい」みたいな曲を、あ~ギターインストで作れるんだな・・・っていうのを。

松本 「あー、僕、それが好きだと思う。 あのぉ~、僕ら的には「えもい」か「えもくない」かっていうのって、結構音楽の中で重要だったりして。今、おっしゃったみたいに「空」とか「海」とかわかるけどさぁ~ってところがあるじゃないですか。 でも、そうじゃなくて、もうちょっと『魂』というか、泥臭い部分っていうか、情けなかったり、美しかったりみたいな、そこの「えもさ」っていうのがハンパないって、オレ思ってたんですよ。 でも、多分、今、おっしゃってたから、あ、間違ってなかったオレの聞き方。

押尾 「あ~~、すごいなぁ~~

松本 「一人でステージにお立ちになるじゃないですか? バンドに憧れていながら、なおさら、皆でやる方が楽しいじゃないかというのがある中で、一人で全部を表現するのって、僕は、ちょっとわからないんですけど。どういう気持ちなんですか? それも、言葉ではなくてメロディーだったり音色だったりとかで表現するっていうところは・・・・?

押尾 「僕は、コンサートをやる時に、お客さんを見ながら弾くんですよ。 ある人が『やっぱりそのスタイル良くない。もっとギター演奏に集中した方がいい。エリック・クラプトンがオマエ、客席見て弾かんやろ!』って言われて、押尾も曲に集中している姿がいいっていうから・・・。でも、やっぱりお客さんの方を見てこうやって弾きた~い053.gifと思って。 そのスタイルは僕しかないと思うんですよ。 これは言い過ぎかもしれんけど。そん中で、自分の見つけた奏法っていうか、それは良くないと言われた、でも、良くないことはないと思って、こっから生まれるもんがあるな、と思って。 だから、すごく1人でやってるって感じじゃないですよ。 もちろん、クラシックのコンサートに行くとホントに1人の世界で構築されているのを見ると『あ、この世界だとオレは厳しいかもしれない』。でも、素晴らしい演奏されるんですけど、そういうスタイルじゃなくて、どっちかと言ったら 今日菜っちゃんしか来なかったら、菜っちゃんのために1曲!・・・って感じでやってるから。 そんなに1人っていう感じじゃないです。 バンドでやってるけど、一人でいてる感じで・・・・。


松本 「せっかくギターを持ってきていただいているんで、演奏を・・・。

押尾 「では、 翼~you are the HERO~ を。

      イスに座ったまま 弾き始める・・・・が、ノリノリというわけにはいかなかったし、
    字幕スーパーには 『翼 ~Hoping for the FUTURE~』って出てました003.gif




以上で~~~す、 読みづらかったと思います。
忠実に、、なんていいながら 前半はかなり省略してます。 すんません。
しかし、MCの方も、お塩くんも、 どうも語尾がはっきりしなくて、文章も完結型ではないので
話がぼやけるぼやける(笑)   ま、雰囲気だけでも掴んでいただければ幸いでござんす。








  
[PR]

by hello02 | 2012-06-18 19:02 | 押尾コータロー