思い立ったが


 吉日

 それが、今日なのかどうかはわからないけど、
朝の仕事がなかったので、ポカンと空いた午前中を
何するべ?と思い、洗濯機にスイッチ入れてすぐに
「今日しかない!」と思い立ったのが これ! 19日で終了だから。
f0154563_19282061.jpg



ただただ何か見たい!という思いだけで、何の予備知識もないまま
行った私は、やっぱりおバカでした。
もともと世界史なんて ちんぷんかんぷんの世界だし、中国の皇帝など
名前すらうろ覚え、時代と名前なんてさっぱりやし・・・・。

それでも、すっきり晴れたお天気に恵まれ
空を見上げりゃ、青空の都内。
f0154563_1936378.jpg


展示は、2部構成になっていて、
1部は、『書』や『筆墨画』が中心。書道ファン必見の物が展示されていた・・・ようです。
私は 『書』に関しては、全く知識がない、ゼロ。
説明もしづらいですが、草書、行書、楷書などの書風が異なるものの展示。
絵に関しても同じくですが、日本の水墨画のイメージとはちょっと違った印象。
会場の説明を読むと、この時代(北宋・南宋)は、写実より写意(心を写す)を重視とあった。
他に、陶磁器・青銅器・漆工なども展示されていた。

2部は主に「清」の時代、特に乾隆帝に関する装飾品、隆帝像など
個人的に、興味を惹くものが数多く展示されていた。
特に印象に残ったのが 髪飾りに使われているコバルトブルーの色が
目に鮮やかで 説明を読むと翡翠(かわせみ)の羽を貼りこむ
点翠(てんすい)という技法を用いたものだった。

2時間ほどでざぁ~っと見て回りましたが、建物を出てみると
会場入り口に人の列。
あらまぁ~、入場制限がかかってる。  やはり朝一で入ってよかった。

その前に、会場で買った本日の自分へのお土産
(他に赤、水色の色違いもあったけど 黄色はラストだったかも)
f0154563_2036533.jpg

やはり、特別展など期間限定のものは、少しでお予備知識を入れて行くべきでした。
午後からの用事もあったのでバタバタとは帰りましたが、自分の気の向くまま思うままに動けたことは、1日体調もすこぶる良かった気がします。

やっぱり、
私って直感で動く人間だわ(笑)
[PR]

by hello02 | 2012-02-17 20:38 | My favorite things