卒業

先週、無事に、サルが高校を卒業した。

f0154563_827123.jpg
3年前、春の大嵐の中での入学式から始まり、
この学年は、何かにつけイベントごとに雨、雨、雨。
それが、卒業式は、雲ひとつない晴天に恵まれた。

式場に入ると、待っていてくれたのは
あの亡くなったM君のお母さん。
いきなりのサプライズに、また二人で抱き合って泣いてしまった。
「ずうずうしく 来ちゃったよ!」というM君の母。
美容院も行ってきたのよ、と母の顔は辛さを乗越えキラキラしていた。
「この学年最後のイベントで晴れたよ!」と言うと
「どう? うちの息子すごいでしょ!」・・・・・ほんと!凄いよ! 

卒業生が入場し、式が始まる。
卒業証書授与。 1組からあいうえお順に個名が呼ばれていく。
M君のクラスになり、最後にM君の名前が読み上げられると、
クラス全員が「はいっ!」と返事。(なんという演出! 会場からすすり泣く声が)

校長の挨拶。
堅苦しい挨拶かと思うと、意外に面白くて入学からの成長の様子を
織り交ぜ(たとえば、段々と図太くなっていく授業態度について
「意図的に気を失う業を習得し・・・」など)、話してくれた。
そして、もちろん、M君のことにも触れ、彼の功績を讃えた。

卒業生代表の挨拶でも、やはり取り出されたのは天候のこと。
入学式、学年校外学習、修学旅行(渡嘉敷島から沖縄本島に戻る船が、
強風で欠航)など、とにかく悪天候に見舞われたから。
それだけに、思い出として、しっかり刻まれるのかもね。
そして、最後に、彼が声を詰まらせながら呼びかけたのは M君に。
「・・・・・この挨拶が終わって、席にもどると今でもMが、『緊張した?』と、
いってくれそうな気がする・・・」と。

高校生活に限らず、いい仲間に巡り合い、たくさんの経験をしていくということは
自身の成長に直接繋がることでもあるし、親として見ていて頼もしいもの。

式後、出席されたM君のご両親のもとには、野球部のメンバーが集まっていた。

帰りに、M君の母は、涙ながらに私に言った。
「素晴らしい、私の息子達! 本当にいい子達。 こんな仲間と卒業できてありがとう。」
この母がいるから、あの息子がいた、 そんな思いを強くした。

f0154563_9183431.jpg

        学校の花壇の桜草が卒業を優しく可愛らしく祝ってくれていた

            42期生 卒業おめでとう!
[PR]

by hello02 | 2011-03-07 09:20 | 日々のつぶやき