無事終了!

終わった、終わった・・・042.gif
それが、今の本当の気持ち


PTNA PIANO STEP
「文京ポピュラー地区」アンサンブル企画に参加演奏してきました。

2週間前に散々なリハーサルに終わったため
演奏内容の練り直しに 時間と気持ちを費やしてしまい
(というと、聞こえがいいけど、要するに不安だらけだったわけ)
すっかり、当日に着る衣装のことまで気がまわっていなかった







頭の中で、用意はしていたんです。
あくまでも、 あ・た・ま・の・な・か・で。

前日、いつものように夜遅くに練習を終え、
お風呂にゆっくり入って、ふと、
「そうだ! 1回着てみないとねえぇ~」なんて思い



吊っておいた胸元と袖口にスパンコールと刺繍のあるブラウスと
Gパンをはいて、姿見の前に立ってみた。



005.gif 005.gif 005.gif

あれ? このブラウス丈、こんなもんだったっけ?

ま、いいや、これに流行のファーのベストを着てっ・・・・

あ、そうそう、ロングブーツ履いて・・と









005.gif 005.gif 005.gif 005.gif 005.gif

どっひゃぁ~~~



これじゃ、まるで 「マタギ」 じゃないか!

これで、鉄砲かついで、山に向かえば 完璧!!


・・・・んなわけないだろがっ!

しかも、背後でトドが遠慮も無く笑ってるし。041.gif 041.gif

それから、なけなしの衣装を引っ張り出して、
とっかえひっかえを繰り返し・・・・

寝たのが2時過ぎ。

それでも、朝に仕事へ行く思いをしたら、
全く問題なく 十分に睡眠時間はとれましたけど。

さて、12時過ぎの受付時間に間に合うように 家を出て、
会場である尚美ミュージックカレッジには 昼前に着いた。

軽く昼食をとり、リハに備える。

最終リハで与えられた2分という時間内に 2週間前の不安を払拭できるとは
思えなかったけれど、それでも、なんとかテンポ確認と
拍子が変わるところのタイミング、エンディングの確認はできた。

そして、いよいよこの文京ポピュラーステップのメイン企画でもある
ピアノトリオが2時から「第3部」3時から「第4部」と始まった。
みなさん、大きなミスもなく子どもから大人まで熱演が続く。

ノリノリの演奏を聴いているうちに 自分の出番。
震えるほどの緊張はないものの、やはり、ソロ演奏ではないので
ちょっとしたタイミングのズレが致命傷になる不安が付きまとう。
前半は、もろにその不安が演奏にでてしまい、ミスタッチと、
コードバッキングの空白ができてしまう箇所も・・・・。

f0154563_10401393.jpg

それでも、一緒に演奏してくださっている
プロのドラム・ベースの先生が盛り上げてくださり
それを楽しまないわけにはいかない。

あるラインを無事に越えられたとき、ドラムの川崎先生
こちらをチラッとみて笑っているのが見えた。

そこからは、スイッチが入った

リハとは違うリズムの刻みを入れて応えてくれたり
ベースの高木先生の音の動きも面白い。
これは、本番でなければ絶対に味わえない
そのときにだけ起こる意外性の楽しさ。


こうして、長かった1日が終わった。

反省材料はたっくさんあった今回のステージ。
アドバイザーの先生方からは、身に余るお言葉をいただきました。
でも、ウン十年ぶりにお会いしたアドバイザーの石川先生からは
「音符の中に織り込まれた知識の部分への更なる勉強を」とコメントを
いただき、痛いところを突かれた感じ。

そうなんだよなぁ
「交通ルールも知らないで、運転しちゃいけないんだよ」
「お勉強・・・・苦手だし・・・頭に入らないし・・・代理コードでさえ
こんがらがってるのに・・・ジャズコードなんて・・・・」

と、千葉から見に来てくれた オリビアとともに
反省のような、愚痴のようなものがお互いの口からでたところで
解散!  終了! お疲れ様でした!
[PR]

by hello02 | 2010-11-22 11:01 | ピアノあれこれ