夏の終わりに


・・・・・なんて、タイトルをつけたものの
今朝の新聞(某サンライズ)の見出しは、
  
   炎暑延々

勘弁してくれよ!って
この異常な暑さ(湿度の高さ)は、堪えますって。
年々 若返るわけじゃあるまいし、来年はどうなるんだ?
と、今から心配してみたり・・・・。


そう・・・なんだか 色々 先のことを考えることが多い夏でした





先のことを考えると同時に、振り返ることも多かった。
この選択でよかったのだろうか?
どこで、針が狂いだしたのだろうか?
過ぎたことをくよくよしてても仕方が無い・・・・

でも、でも、でも。。。。。。。。。




人との繋がりに疲れ、人との繋がりに救われながらの生活。

以前に住んでいたところでの繋がり
現在住んでいるところでの繋がり
子どもを通して(学校・部活・習い事)の繋がり
PIANOの関係の繋がり
高校時代(先輩・同級生・後輩)からの繋がり
職場での繋がり
あ、忘れちゃいけないねぇ~、お塩クン繋がり
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・

こうして、文字にしてみると様々な「繋がり」がある。

その関わりの長さは、2年くらいのものから30年以上(歳月を感じます)まで。

携帯を持つようになってからは、この「繋がり」の手段が
ほとんどメールになってしまったけれど
やっぱり、実際に会って、顔を見て話すことより勝るものは無い。
もちろん、遠く離れすぎて会うことができない場合もあるけど。

人づきあいが下手で、かなり毒を吐く私なので、
やせ細ってしまった繋がり(そんなものは「繋がり」とはいわないか?)もある。
大してやりとりもなく、ご挨拶程度なら、
年賀状や暑中見舞い葉書きで十分だったかなと。

さっきも言ったけど
「人との繋がりに疲れ、人との繋がりに救われながらの生活」は、続くだろう。
だから、少しでも身辺を軽くしていく方向でいきたいな。

そうしないと まだまだ続くらしい 炎暑を乗越えるのは難しいかも。
[PR]

by hello02 | 2010-08-23 07:41 | 日々のつぶやき