音符の代わり


秋の合唱祭にむけての曲がようやく決まった。

今年は、去年のように1年かけて取り組む形ではなく
色々な曲を歌ってみて、その中から選曲するという形にした。

木下 牧子 作曲 「月の角笛」より
               かぜとかざぐるま
               月の角笛
木下 牧子 作曲 やなせたかし作詞
               雪の街
                          

指導する合唱団の皆様は、60代~70代の方々が多い。
この暑さの中、毎週熱心に練習に通われる。
欠席者が少ない事は、本当に素晴らしい。038.gif 038.gif 038.gif

「歌の技術」よりも、まず、「歌を楽しむ」こと。
それを、本当に楽しみに集まってきている感じがする。

楽譜が読める方ばかりではないので、音とり、リズムとりは
本当に大変だと思う。
8月は、2回しか練習がないので、音を忘れてしまいそうだという
不安の声を受けて、パートごとのメロディーとピアノ伴奏を入れた
カラオケを電子ピアノで作成。

速さも、音とりしやすいようにゆっくりめのテンポと、
実際に本番で歌うであろう速さの2種類を録音することに。

f0154563_18295444.jpg

ただ、録音の相手がカセットテープ。アナログな世界なもので、やたらと時間がとられてしまいます。30人分ですが、半分を録音し終わるのに4時間近くも費やしてしまいました。042.gif






それでも、あの元気な団員の皆様の笑顔を思うと、やっぱり少しでも力になればと・・・。残り半分も頑張って録音しなくっちゃ。066.gif



あっ!、 そうそう。 伝言です。(笑)
釣れた魚は、干物にすると美味しいので、
干しておくことにします。(爆)041.gif 041.gif
[PR]

by hello02 | 2010-07-24 18:44 | 日々のつぶやき