あいつがやってきた

先日、超ひさしぶりに《あいつ》がやってきた。

突然の出来事だったので、娘の前で取り乱してしまった。

息苦しくて、外に飛び出たい衝動にかられたが、とにかく薬を飲んだ。

仕事に行くには少しでも寝るために頓服を飲んだ。


仕事中も、どうして《あいつ》がきたのか?薬も減らし始めて、遠くにゴールも見えたかに思えたのに、一気にゴールが消えた気がして、苛ついた。

原因は、あるといえばある。特に自分の中で抱えきれずにいたわけでもなく、他人に話したからどうなるわけでもないから、普通に日々を過ごしていたつもりだったけれど。


そんな時に、たまたまいただいた二通のメール

一つは、高校時代の同級生から。
もう一つは、千葉にいる友人。

もちろん、偶然にいただいたメールだったから、私のこんな状況を知る由もなかったわけだけど、温かい手を差し伸べられたように嬉しかったし、ホッとした瞬間だった。

そう思うと、《あいつ》の訪問も、悪いもんじゃなかったのかな?
[PR]

by hello02 | 2010-05-13 21:12