ポピュラーピアノ


本日、早朝仕事終了後にでかけた帝都。
久々の帝都に向かう電車「湘南新宿ライナー」の中で、爆睡。

危うく寝過ごしてしまうところでした。

f0154563_2236554.jpg

目的は、受講を再開したので佐土原先生に
挨拶をするため・・。

松本あすかさんのミニライブを聞くため

いやいや、正式には
PTNA「ポピュラーピアノ指導法セミナー」への参加。


会場に入った途端、
う~ん、このピアノの先生方の独特な雰囲気。
まぁ、ポピュラーピアノに関心のあるクラシックピアノの
先生方というべきでしょうが・・・。

場違いな奴がひょっこりいるぞ!ってな感じで着席。





セミナーの内容は、ポピュラーピアノステップの今年度新規課題曲の説明。

ピアノ用アレンジされたポピュラーの原曲を聞いたり、時代背景などの簡単な説明
そして、実際にソロや連弾曲を模範演奏して聞かせてくださったりと、
毎回 盛りだくさん・・・・たくさんすぎて、1曲にかける時間があまりないところが
少々残念なところ。

それでも、発売されている楽譜を何冊も買う前に、一部でも聞かせてもらえると、
実際に使えるかどうかの判断材料にはなる。


本日のツボ・・・あくまでも私個人のツボ・・・は。

SALT(塩谷 哲さん)のアレンジ曲を 松本あすかさんが弾いたこと。
SALT自身の演奏による「メヌエット」は、超絶技巧を思わせるような音遊びに対して、
松本あすかさんの解釈は、2小節ワンフレーズのノリをとても大事に弾き、テンポも
わざと抑え気味だった。
しかも、彼女の指先の使い方が、鍵盤に吸い付くように無駄がない。

自身がアレンジした曲を その人自身が演奏するのを聞くのは当然興味深いけれど
このように、人のアレンジを違うプロのアレンジャーが弾くのもなかなか興味深い。

もちろん、セミナーの最後には、松本あすかさん自身のアレンジ曲を3曲ほど
すでに発売している2枚のCDの中から演奏してくれた。

しかし、あの小さな華奢な体から、なぜにあのようなパワフルな演奏ができるのか!

今日の様子は、あすかさん自身のブログにも載せてらっしゃいました。
              こちら →  松本あすかさんのブログ 4/25


で、セミナー後の懇親会には今回出席せずに帰りましたが、
帰り際、 佐土原先生に
「 ハロハロさん、11月のステップアンサンブル、今年は出なさいよね」
と、さりげな~~~~~く、申込書を手渡されてしまいました。

わ・わ・わ・わ・わ・わ・わ・・・・・・・・わなわな・・。
[PR]

by hello02 | 2010-04-25 23:30 | ピアノあれこれ