KOTARO PARK vol.7


f0154563_1933619.jpg

参加してきました。
押尾コータロー ファンクラブ限定ライブ

KOTARO PARK Vol.7 @ THE BOTTOM LINE










今回は、仕事の関係で 最初から東京日程はパス。 
そして、大阪の日程は、成人の日と重なっていたので、これもパス。
当然、名古屋参加しかないじゃないか!

ということで、名古屋でのコタパは 初参加となった私。

いやいや驚いたのは、男性陣の多いこと。 しかも、おじ様も多い(笑)
ええじゃないか、ええじゃないか!!!!!!


ライブ会場に入ったら、BGMでは、お塩くんがコラボしたアーチストの方々の曲(歌)が流れていた。

さて、ライブ開始!
いきなり、「六甲おろし」の曲が流れる
(ぎょぎょ!005.gif ここは名古屋やで。
ドラゴンズの本拠地で、こういうものを流すって勇気いるやん。
でも、それをあえて流すあたりが、大阪人やわ~)

まずは、恒例となった 音丸さん(=マネージャー)のコスプレ。 
しかし、この方は、何を着ても似合う。 ある意味ファッションリーダーやわ。

今回は、トラの着ぐるみで登場。 アタマはもっこもこの被り物のトラ。(暑かったやろね)
首からは、タイガースの観戦チケットを首からぶらさげてるし、さりげなくタイガースファンを主張しているのが可愛い。

そして、「押尾コータローを呼び込むのに2種類ご用意しました。」
 「コーちゃ~~ん!」 or 「コータローさ~~~ん!」のどちらを選ぶ?
と言って、軽く練習したのち、拍手の多かった「コータローさ~~~ん!」で

押尾コータロー 登場

「ただいま~」の声から始まり、ここはファンクラブ人達だけやからと
いきなり、クラップ練習なしで005.gif042.gif005.gif042.gif
1 Snappy
 ド緊張しながら、クラップしましたがな

2 Treasure

3 旅の途中
 この曲、とてもあったか~い音がでていて、テンポも少しゆったりと。 
 こういう曲想の創りこみ方ができるお塩クンが私は好きだわ。

4 Merry Christmas Mr.Lawrence
5 Landscape


お塩くん退場・・・再び 音丸さん登場!
音丸さんが 話を繋いでる間に 着替えを済ませた(にぎやかな柄シャツ・・ところどころに MADE IN ITALYとプリントされてましたよ)お塩くんも登場し

ここから 第2部のスタート

まずは、【ワクワクお宝コーナー】
去年の韓国ライブのオフショット映像を見せてくれた
韓国の観光をしてまわるお塩クン。
面白かったのは、店頭で実演販売している職人さんが歌っている歌がしっかり片言ながら日本語。 麺ウチのように 2本が4本に4本が8本に・・・とどんどん細くなっていくのだが、最後は、何千本というくらい絹糸のように細く・・・
それを棒にまきつけ、アーモンド味を少しつけて食べる・・・・すごく美味しかったらしい。
職人技に感動し、食べてみて、美味しかったのに・・・・

買わずに立ち去る お塩クン。(映像をみながら、自分でも「買わんのかい!」と突っ込んでましたね)

次に、歴史博物館のようなところでの映像。
引き出しのたくさんついた家具が映され、音丸さんが「これは、なんですか?」と尋ねると
しばらく沈黙ののち お塩クンたら


「 ひ・き・だ・し 」 ・・・・・・・って、おいっ!

「みもふたもないやん!」by 音丸さん。

そして韓国ライブの映像。 
「やっと来てくれた」というのと「次はいつきてくれるんやろか?この人は」という感じや、大陸民族らしい日本人とは、また違った熱気があったとか。

驚きは、手拍子の中で「黄昏」を演奏していたこと
でも、だんだんと、この曲に手拍子は違うんじゃないかという空気が流れ、徐々に手拍子が少なくなっていくあたりも なんだか微笑ましい映像だった。
そして、中学生少年との「Fight!」演奏。 ギターの方が大きく感じるくらいの少年でしたが、演奏は素晴らしく
一緒に演奏するお塩クンのほうが楽しそうでした。

【プレゼント抽選コーナー】
今回も いろいろなプレゼントが準備されていましたが、
欲深い私は、当然のごとく、かすりもせず、 指をくわえて眺めているだけでした。

でも、なんとここで、コタ友さんのぽこにゃんが、『トートバッグ+α』を引き当てた
(いや、抽選カードをひくのは お塩クンですけど)
おめでとう! ぽこにゃん! 

目覚まし時計を当てたのは男性。 しかも、この方、お目覚めはよいらしく
目覚ましをセットしても、鳴る前に起きれるらしい。
そこで、録音機能のあるこの目覚ましに入れるメッセージを
お塩くんは「そそのかし系」で録音した

「もうちょっと寝れるで~。 あと5分くらいは寝れる・・・・♪坊や~ 良い子だ寝んねしな~、・・・
もうそろそろ起きな」  寝かすんかい?起こすんかい? どっちやねん!

そしてプレゼント最大の目玉は、とても控えめなご婦人がGET! 素晴らしい!

【コータロー楽団のコーナー】
今回は、ギター経験のあるFさん、 楽器経験が全くないというAさん、昔、フォークデュオをしていたと言うIさん、ご主人がギターを弾くというMさん。
3人が男性陣で、それぞれの打楽器ソロの時が、男の人らしく個性豊かでめっちゃおもしろかった。

ここで演奏した曲は 
6 日曜日のビール


この時点で お塩くんの顔には キラキラ光る汗が玉のように流れている。
それを気遣って、音丸さんはスタッフにタオルを持ってきて!といい、タオルを持ってきてもらう間、話を繋いでいたのだが、いつまでたってもスタッフが持って来ない。

と思ったら、ステージ上に置かれたテーブルの上に水とともにタオルはすでに置かれていた。

しっかり汗をぬぐって、 第3部へ

座っておもむろに話し出したのは、『ガンダム』の話題

・・・・むむむ013.gif、 語るぞ~・・・な予感

ガンダムシリーズが始まったのは 自分が中学生の頃で、その頃はもう
ロボットものは、もう卒業と思っていたらしい。
ところが、そのころに恋をした女の子がガンダム好きで、自分もガンダムをお勉強したらしい。

恋した彼女が好きだったのは「シャア・アズナブル」 
確かにお塩クンとは雰囲気が全然ちゃいます
「シャア」のライバルが「アムロ・レイ」で、その恋人・・・・とお塩クンは言ってましたが 幼馴染が「フラウ・ボウ」
「シャア」がいるジオン軍の主力モビルスーツが「ザク」などなど・・・
ガンダムを知らない方には、ちんぷんかんぷんな、ガンダムを知ってる方には、懐かしい話を語る語るお塩くん。
昔のガンダムだけでなく、最近の「DESTINY」や「00(ダブルオー)」も見ていたとか。 
じゃ、もちろん「SEED」も見てたのね、お塩くん!
ガンダム好きの 我がハロハロ一家としては、もっともっと喋ってほしいところですけ・・・そうもいかず

7 永遠にアムロ
 コアな曲です~、 あ~ ナマで聞けてしあわせ016.gif

8 黄昏
やっぱり 名曲です。
9 ハピネス
ナッシュビルチューニングの説明とともに、このチューニングで石川さんは「22才の別れ」のイントロを弾いていたんです・・とお塩くんもそれを再現・・・「あ、間違えた!」ともう一度トライ。歌が始まったところでやめちゃった。 もうちょっと聞きたかったよん
でも、このキラキラした音で明るい曲を作りたかったと いうことで「ハピネスができあがったらしい

10 絆 
ツアーの時も言っていたけど、絆というテーマで、自分も周囲から教えられることが多かったとか

11 翼 ~you are the HERO~ 
ここで、立ち上がりたかったけど、でもじっくり聞きたかったのでガマン!

12 HARD RAIN
率先して立ち上がりましたとも、 客席総立ちの中の演奏。  やっぱりこの曲は〆にピッタリ

総立ちのまま、拍手も鳴り止まず
再び出てきたお塩くんと、 ここで ひとまず全員と記念撮影

アンコール
13 Believe 
お塩くんの笑顔もキラキラしていたけど、ステージからみた客席のみんなの笑顔もキラキラしていたはず。

ふかぶかと頭を下げたまま なかなか顔をあげない
    やはり、、目には涙いっぱい。        
この人は、本当に素のまんま。 気取らない。  遠いけど、近くに感じさせる存在。


もちろん、ライブ後のお楽しみのおまけ行事ももちろんありましたよ。
流れ作業で進む中でも、私は、あの「喋りすギター」で採用されたPCの起動音とシャットダウンの音の再現、小芝居つきで楽しかったことを伝えると、お塩クンも笑いながら「我ながらよくできたと思うよ」と自画自賛してました003.gif 003.gif

ありがとう、 行ってよかった。
そんなハッピーな気分のまま、夜行バスにのって帰りました。 (名古屋滞在時間8時間)
[PR]

by hello02 | 2010-01-16 21:13 | 押尾コータロー