おのぼりさん

♪♪ ひとつ曲がり角 ひとつ間違えて 迷い道くねくね~060.gif

どうにも地下鉄に乗るとき、迷路にはまり込むハロハロです。
しかも、六本木に着いてからも、ウロウロきょろきょろ・・・・・・
どこやねん!? 六本木ヒルズアリーナって。

ということで行って参りました、
   J-WAVE & Roppongi Hills presents

TOKYO M.A.P.S





連休中なのでさぞ混雑しているのかと思いきや、予想していたよりは人の流れが少ない。
4時ごろに迷いつつもようやく LIVE会場に到着していたときは、それまで開かれていたフリーマーケットを片付けているところだった。
f0154563_11353534.jpg

お! 手前にいすが!!!!! もしかして、座れる?

疲れ気味の女連れ3人は、椅子をみただけで、ホッとする(笑)

5時からは、マイア・バルーさんのライブ。
独特の世界観をもった、無国籍音楽。 しかし、今日の私には、あのパーカッションの野太い音とベースの音、そして、マイアさんの声が頭痛を引き起こしそうになり、ち~とばかし困った1時間だった。
やばい!、おまけに睡魔も襲ってきた・・・・。
随分、前のほうの席に座ってしまったし、お塩くんの登場まで、持つのだろうか・・・・





な~んて、心配は全く必要なかった。






リハーサルから、ぶっとばしてくれたぜ!049.gif 押尾コータロー。
髪のすそが伸びて跳ね上がった頭に、珍しくTシャツ姿で出てきたお塩くん。
「今から、リハーサルをやります。」ということを何度も強調しながらも、しっかり本気モード。
「Rushin'」を弾いたあとも、「次、なにやるんやっけ?」 「ここに曲順が書いてあるんですね」
「バレてしまうやんけ?」と1人漫談をこなしつつ。

「TREASURE」を弾き森田くんが次のギターを持って出てきたら、曲を途中でやめて「彼が出てきたら、止めるという打ち合わせになっている」と言ったために、森田くんがお塩くんの後ろに隠れるようにして立つだけで、会場から笑いがこぼれる。

「オアシス」を弾き始めて、イントロの最後のハーモニクスが決まると、会場から「フ~~!」と声がかかると、「もいっかい やろか?」といって、ハーモニクスの部分だけ2回もやってみせる 

「戦メリ」を弾く前に ミキサーブースにいる片石さんから「端折ってやって」という指令がでたみたいで、
それを受けて「では、頭、お腹、お尻を演奏してみたいと思います」と、真面目な顔をしてイントロの一部、サビの一部分、エンディングと無理矢理くっつけて演奏。 で、ジェスチャーで「あたま・おなか・おしり」とやってみせて、笑いをとる。

どこでだったか忘れたけど、ギターを叩いてみて音が気になったのか
「え~、ここは、ちょっと聞かなかったことにしてください、業務連絡、あの~音がもこもこしてるんですけど・・・」 「*#&%@:(片石さんが 何かを言っている模様)」 「わかっとんの。 なんでわざとすんねん!(笑)」
「片石クン、どこにいんの?」キョロキョロ
傍にいた森田くんに客席後方を指差され、「あ、そこ! 彼が、片石君といいます。イジクリマン片石。僕は彼に逆らえないんです。」と紹介。 
「Purple Highway」では、出てくる森田君をちらちら見つつ、いつ演奏を止めるか探りながら弾く。

「Big Blue Ocean」では、ウエーブのリハーサルをしますといって、説明をする前に、自然と波が起こってさらさらさら~っと了解済みの客席側の方が練習を終えたため お塩くんが「ぼ、僕を置いてかないで~」
これには、ステージそででいた森田くんも大ウケ。

「あくまでも、これはリハーサルなんです、これでもうお腹一杯やといって帰らんとってください」とステージをおりたお塩くん。


ほんまに、、お腹一杯笑わせてもらいましたわ。 で、リハの方が印象が強くて、本番の方は・・・・。
つうか、この時点で曲目はネタバレですよ
本番ではお着替えをしてきて、お約束どおり柄シャツにGパンスタイル。

フリーライブですから通りすがりの方もいるわけで、
「押尾コータローといいます。 朝早くから待っていてくれた人もいますよね。かと思えば、誰やねん、あいつ?と思われる方もいらっしゃるかと思います。いつ歌うんや?えっらい長いイントロやなと思われた方も・・・。CDも出しているんです。 コラボもだしました。カバーも出しました。
そして、いま、レコーディングをやっているんです。 もう~だいぶん出来てきました。多分発売日には間に合うと思います。(笑)」
(えらい、ざっくりとした話やなぁ。 まぁ、でも、発売日なんてええやん。 ええ曲を届けてくれる日まで、ゆっくりまってますから)

リハの曲目に +されたものは、最後に弾いた「HARD RAIN」
これ、めっちゃかっこよかったですよ。  こんなに 間近でお塩くんを拝めたのはいつぶりやろうか?
流れる汗もしっかり見えましたよ。
ステージの様子とセットリストはこちらにのってます→TOKYO M.A.P.S


ご一緒してくれた、Yさん、teruさん、ありがとね。







で、番外編。
 
ライブが終わって、私は大江戸線に乗るため、teruサン達と途中で別れて帰った・・・・・
帰ろうとしていた。
しかし、またやっちまったよ~
♪♪迷子の迷子の子猫ちゃん(←そんな可愛くねぇよ!)、地下鉄乗り場がわからない・・・

あれ~、もしかして、もとの場所に戻ってる?
うえぇ~~~ん007.gif 

ふと、携帯を見ると、Vegaのたまごさんから 着信が入ってるし、メールも。
何かと思えば、「出待ちしているから・・・・。今どこにいるの?」というもの。
えっと、今どこ?というより、わたくし、迷子なんですけど。

で、結局先ほどのステージ裏の方角近くに戻っている自分がわかり、Vegaのたまごさん達に合流。
でも、基本的に出待ちをしないわたしは、長時間待ってられない性格。
すると、ほどなく、タクシーが横付けされ、リュックを背負った森田クンと片石さんが出てき、少し間をおいて、
お塩くんの荷物を持ったスタッフが出てき、タクシーのトランクに乗せ、また、間をおいて、美由紀さんとお塩クンが登場。
す~っと目の前を通っていくかと思ったら、自分からみんなの前に近寄ってきて、1人ずつ握手。
あ~ら、ラッキー。012.gif「お疲れ様でした」と声をかけると「ありがとう(みんなにいってますけどね)」と言って
熊さんのお手々で握手051.gif

Yっちゃん、Vegaのたまごさん、ほんまにありがとう。
沈滞気味の気持ちに少し、スイッチが入った気がします。


これは、いったい何のレポやねん!003.gif
[PR]

by hello02 | 2009-05-04 13:12 | 押尾コータロー