今日は 厄日やで ・・・そして ライブ

ほんまに、なんちゅう天気やねん!
と思う中、行ってきました『ココロの学校』
f0154563_23371274.jpg

久々にナマお塩くんが見れると浮き足だっていたのがいけなかったのか?
悪天候だったので、早めに家を出ようとおもったら、 ない!  ない!  ない!



どこを探してもないのだ、家の鍵が・・・。
30分以上汗だくで探し、最後は泣きが入りそうでした。

思わぬところに(←だいたいそんなもんよね)あった、あった。042.gif

やっとでかけられる
傘をさして、いそいそと出かけてちょっと歩いたところで、

ぎょえ~~~~ 突風が・・・・・
あわわわわわ・・・・ 傘が壊れた・・・ホネだけの哀れな傘
しかも、雨風のためにずぶ濡れ057.gif
家まで戻って、また出直し。

都内まで出かける気持ちが折れそうになりましたが 行けてよかった。







客席に座り、周囲を見回すと・・・・う~ん、年齢層が高い。 いや団塊の世代の多いこと多いこと。
しかも、11~12列目あたりの真ん中のシマには、背広に身をつつんだ役員様達のような集団が。

19時を少しまわった頃に始まった チャリティートーク&ライブ

なんだけど、
『FNSチャリティーキャンペーン2008年度支援国』であるガイアナ共和国。
まずは、佐々木恭子アナウンサーが取材したこの国の実態のビデオを20分ほど上映。

ライブ自体が始まったのは、7時半でした。


谷村新司さん 登場!
ゆったりとした低音の声で、語りかける口調は今も変わらず。 そして、さりげな~く笑わすところも抜かりなく。

ココロの学校ということで、ピアノの和音に合わせて 
 『起立  礼   着席』

ピアノのみの伴奏で
#1  心の駅
歌の途中でステージから降りてきて、通路を挟んでムコウ3軒両隣の方々に1人1人握手をしながら歌う。 
1列ずつ丁寧に、中には席をたって通路側まで寄って、握手を求める方も。 
・・・・なんて思っていたら、段々自分のいる席にも近づいてきた。 
そう! 黒砂糖さんと私は通路側の席だったのだ。 
ひょ~~~~。 いきなり握手をしちまったぜ!SHINJI TANIMURAと。051.gif
      ふと、横にいる黒砂糖さんを見ると、鼻血ブ~状態037.gif


MC  
アリス復活の話題や、子どものココロは純粋であることなど。 自分の音楽の始まりは中2の時に モテたいという『邪念』や『下心』からという、どっかの誰かさんと同じようなエピソードを話してくれた。
還暦を迎えた今は、『恩返し』をしていきたいとも話されていました。

#2 夢になりたい
映画『旭山動物園』のテーマ曲を歌う。

MC
「ドレミ」はどうして『ドレミ』というのでしょう?
ということで、音楽の谷村先生の授業が始まりました。
まずは 「ソ(=sol)」の音の説明。そして、ドレミはそれぞれが、太陽・宇宙・土・火・水・風を表すなどなど。
そして、エネルギーを伝えるところには 『渦巻き』がある 体の中にも渦巻きがあることや 音楽の中の渦巻きは「ト音記号」にも表されている・・・と。

#3 007.gif曲名がわかりません
客席にも声をだしてもらい、La La La~の練習をしてから歌いました(が、みなさん控えめな声でした)

そして、ライブ後半はゲストをお招きしてというコーナーで 押尾コータローのプロフィールを読み上げるチンペイさん。
名前を呼ばれて、舞台上手からギターを持たずに押尾コータロー登場。
  (やっぱり なんだかヘン003.gif

さて、ここから、チンペイさんの質問に対して、的を得てるのかどうなのか珍妙なやりとりが始まる。

チンペイ 『押尾くんは、小さい頃 どんな子どもでしたか?』
お塩   『普通の男の子として生まれました。』 
        (こらこら・・・・どんな子どもでしたか?の質問だよ) 
      『鼻歌をよく歌う子どもだったんです』
        (そうよ、そう答えなきゃ。)  
      『いわゆるAメロから歌うのではなく、イントロから全部歌ってたんで
      す! 例えば、仮面ライダーなんかは・・・・・060.gifパカパカパ~、パカ
      パカパ~・・・』
        (始まったぜ!015.gif

チンペイ 『で、ギター(音楽)との出会いは?』
お塩   『中学の入学式で聞いたブラバンの演奏に感動して、あの楽器
      (トランペット)が吹きたいと思ったのが最初。』
      『楽器といえば、それまでハーモニカ、トライアングル、カスタネット、
      くらいしか知らんかったし・・・』

      で、そこから延々とブラバン入部のエピソードを語る語る語る語る014.gif
      いつ、ギターの話にたどり着くのか心配になりましたよ。

チンペイ 『で、ギターを始めてみてどうだった?』
お塩   『最初に教えられたコードがEmだったんです』
      と、おもむろに横にあったギターを抱えてボロンと弾いてみせる。
      『にぎる力のかけ具合もわからなかったから、物凄く左手の力を入れ
      てしまって・・・』
      『指の痛さに負けて、や~めた! おれは、才能ないわ。
       ってやめたんです。』
      『普通は、みんなある程度すすんで、
        Fコードで挫折するんですけどね。』
チンペイ 『それは、ギター入門の入口にも入ってないね』

で、またそこから、親友の松尾くんに怒られた話。 怒られて、しかたなく練習しているうちに指が慣れてきた話。 ギター本を買ってきてチャプター1から始め、そこの課題曲が『青葉城恋歌』だったと言う話。『63231323』(電話番号じゃありませんよ!って、もちろん言ってました)の実演つきで。 アルペジオも3フィンガーも難しくて、飛ばしてストロークというところで出てきたのが アリスの『チャンピオン』だった。

ここの話、めっちゃ長くて、チンペイさんは思わず自分の腕時計をあからさまにみてましたもん。025.gif
そりゃ、大人の世界には、段取りっちゅうもんがあるからなぁ~。

じゃ、そのアリスの曲を一緒にやってみる?というチンペイさんのお誘いを受け
演奏した曲は、
#4 今はもうだれも
お塩クンがメロディーを歌い、チンペイさんがハモリを入れる
一気にここで会場が盛り上がる。 やっぱりこうでなくっちゃ!

押尾コータローのソロを聴かせてくださいというチンペイさんに、
#5 With You (押尾コータロー・ソロ)
「With You、聞いてください」と弾き始める前の話もちょっと長かったような・・・。
最初は、音もいまいちの鳴りだったけど、曲の歌わせ方はいつもどおり。038.gif 
チンペイさんも、音は、その人の人間性が出るね・・・と。

チンペイ『自分にとって大事にしている言葉は?』
お塩  『そうですね、ギターでも何でも スポーツでも やめるのは簡単じゃな
     いですか。 でも、続けることは難しくて・・・・ 
     だから、僕が大事にしている言葉は
     『やめるのは 簡単』
         005.gif  005.gif  え? え? それ?

そして、お塩くんの演奏にお返しと、お塩クンのリクエストに応えて歌った曲は
#6 さらば青春の時
チンペイさんが 少し離れて座ったお塩クンのほうに向いて歌い始める
スポットライトはチンペイさんに。 
その影の中で お塩クンは膝の上にぎゅっとコブシを握り締め、その手を見つめるように下を向きチンペイさんの歌に聞き入っている。 暫くすると顔を上げ体をゆらしながら一緒に口ずさんでいるのがわかる。 ステージ上のお塩くんは『押尾コータロー』ではなくて 高校時代の『押尾光太郎』になっていた。 あれ?もしかして・・・ やっぱり泣いていました。
そら、嬉しいよなぁ~。 自分がギターを弾くきっかけとなったアリスの谷村新司が目の前で 自分のために自分のリクエストした曲を歌ってくれたんだから。

歌が終わり、ステージが明るくなったとき、お塩くんの感激ぶりが客席のこちらにも、そしてチンペイさんにも伝染したようで、チンペイさんも もらい泣き。

そして ここで押尾コータローは、さわやかな笑顔をふりまきつつ舞台そでへと。

最後にチンペイさんが歌ってくれたのは
#7 マカリイ
ハワイの言葉からくるこの「マカリ」と 「昴」は繋がっているというMCにもあったとおり、マカリのメロディーも「昴」を思い出させる雰囲気でした。

やわらかな口調は最後まで変わらず、決して押し付けの語りでもなく、還暦を迎えた今でも張りのある声を聞かせてくれた谷村新司さんでした。

EC #1 「昴」
ピアノアレンジにのせて歌われたこの曲。 やっぱり名曲ですね。

再び、登場したチンペイさんに客席の皆さん立ち上がり拍手がなりやまない。


これで、おわりなのかな・・・・




いえいえ、やりましたよ お塩くんもステージに呼んでのアンコール

お塩くんは、しっかり着替えてましたけど。
客席総立ちのまま 待ってました!
EC #2 「チャンピオン」
ギター2本にピアノを加えてのチャンピオン。
さすがに大御所を前に モノマネ抜きの素で歌うお塩くん。 でも、嬉しそう。
まさにギター小僧状態。 
客席もノリノリ。 
外の寒さと雨を忘れさせるくらいの 熱い興奮。 

今年 初のライブ。 行ってよかった。   



反省・・・・・コータローさんの話が長いと書いた私のレポこそが長い! 040.gif
[PR]

by hello02 | 2009-03-06 23:53 | 押尾コータロー