面談

 先日、今の仕事を始めて半年が経ったということで、契約に関する面談があった。

朝一から マネージャーに「ハロハロさん、15分から面談ね!」と言われた。
げっ! 今日は、私からかい! と思いつつ事務所に向かおうとすると、
仕事仲間から、「行けっ!」 「一発かましてこい!!」047.gifなど
エール(どんなエールやねん!)をいただいた。

事務所に入って、椅子に座るやいなや、マネージャーから出た言葉
「押尾コータローは聞きに行ってる?」

 お005.gif、   お005.gif、   お005.gif、   お005.gif


そこから責めてくるか! お主もなかなか考えよったな013.gif

「は? 行けるわけないじゃないですか!」
「お、俺が悪いの? 知らねえよ!俺は、関係ねえよ!」
(けっ! だったら聞くなよ! ったく!)と毒づきながら
「早く面談始めてください」
「ま、焦らずに、焦らずに」
(あらそう?・・・・・じゃ、じっくりと話をさせていただきますわ)

とここから勤務内容についての話となる。
当初60人募集予定が、55人しか集まらず、そのうち色々あって
今では40名、休みも取れない状態。
まさに 非常事態宣言を出したいほどなのだ。
しかし、昨今の厳しい経済状態ということもあり、そうそう会社も人を募集できないらしい。

それにしてもだ! 機械じゃないからさぁ、私達は。
しかも、今回契約更新せずに退職を希望している人が更に何人かいるという。
もちろん、このマネージャーのお許しがでればの話だけど。

で、私はというと・・・・・・
やっぱり何もなしで帰る性格じゃないもんで、どうしても納得がいかない点を
ガツンとかましてしまいました。
「契約書に書いてないことを、『皆さんは契約しています』、などとシフト表に書いて、みんなを不安がらせないでください」
「いや、あれは、法律上のことだよ・・・・書いてあるよ・・・」
(ふ、ふ、ふ、雲行きがあやしい)
「だったら、契約書を見せてください」
「書いてあったと思うよ・・・」(契約書の用紙を探しながら)

・・・・・穴があくほど、契約書を読むマネージャー

「書いてないですよね」

しばし 沈黙
「・・・・・書いてないね。」
「書いていないことを さも書いてあるよう言って休みを取らせないようにしていいんですか?勤務に関する条件をマネージャーが記していたシフト表は、
デジカメに撮って残してありますから。」


「ま、マジ? こ、怖え~~・・・・・・・ごめんなさい。」



あぁ、つくづく自分のこの性格、どうにかならんもんか?と思いますが、どうにもならんみたい。
『ええ歳こいて』と言われそうですが・・・・と、一応 反省もしてみました。040.gif
[PR]

by hello02 | 2009-01-22 08:20 | 日々のつぶやき